【キッズコーナーの処分、廃棄について】

保護されたサイトです保護されたサイトです

キッズコーナーの処分、廃棄について

キッズコーナーの分類

現在販売されている多くの商品は、緩衝材のウレタンをビニールレザー(PVC)で袋状にくるんだものと、木でできた箱状の芯材にウレタンで椅子張り加工を施したもの、大きく分類して2種類です。

木でできた箱状の芯材にウレタンで椅子張り加工を施したもの

木でできた箱状の芯材にウレタンで椅子張り加工を施したもの

ウレタンをビニールレザー(PVC)でくるんだもの

ウレタンをビニールレザー(PVC)でくるんだもの

初期タイプのものは処分時に注意が必要

廃棄イメージ

キッズコーナーが普及し始めた初期タイプのものは、テント用のターポリンという張地を使用したものが多く見られます。そのようなものを処分する際は、産業廃棄物に属し、一般ごみ扱いで処分できませんのでご注意ください。

弊社商品購入に伴う処分はお任せください

作業員イメージ

弊社製品をお求めの上、入れ替えをお考えのお客様には、格安で処分させていただきますので、ご利用くださいませ。

コトキトについて Next Contents

子と木と。それは、子供が楽しみならが学ぶ場所。

販売店の方/カタログダウンロード 商品カタログ/図面などPDF形式でダウンロードいただけます。 販売店の方/カタログダウンロード 商品カタログ/図面などPDF形式でダウンロードいただけます。

品質について Quality

長年、キッズコーナーや知育玩具を取り扱い、業界でのリーディングカンパニーを目指す当社が、自信を持って
作り出したブランド。それが「COTO-KITO」です。
そのこだわりは、設計段階で今までのノウハウを活かし子供の安全を考え、使用素材ひとつひとつにまで、
安全な素材にこだわり日本国内で家具職人がひとつひとつお作りしています。

キッズアイテム販売チャンネル